薬局で売っているおすすめの育毛剤!

今も昔も薄毛や抜け毛で悩む方は大変多いです。昔は薄毛や抜け毛は男性の悩みでしたが、最近では薄毛で悩む女性も多くなってきました。

しかし、昔と大きく違う点は薄毛や抜け毛は改善出来る悩みになった事です。

今は病院で薄毛治療が可能となりました。

病院での薄毛治療は飲むタイプと塗るタイプの育毛剤を併用して使用し、早い人で3ヶ月ほどで結果が出てきます。半年程で殆どの方が効果を実感出来るそうです。

ただし、薄毛治療にはデメリットもあり、健康保険が適用されない為に治療費が高額になる傾向にある事です。ですから、薄毛が気になりだしたら最初は薬局で売っている育毛剤がおすすめです。

最近の育毛剤はとても優秀で、薬局で販売しているものも継続して使用する事で効果が出ます。そして、それらの商品はあくまでも継続して使用する事が重要ですから、金額的にも長く使用出来る商品を選びましょう。

それに加えて、一緒に髪や頭皮に優しい育毛シャンプーを使用すると、より一層頭皮の状態は改善されます。

育毛シャンプーは毛穴の汚れをキレイに取り除いて頭皮環境を整えてくれるのです。

毛穴に汚れが詰まっていると、どんなに優れた育毛剤でも浸透せずに効果が半減してしまうのです。

そのため毛穴の汚れをシャンプーでキレイに取り除く事で、その力を最大限に発揮してくれます。

頭皮ケアは毎日継続して行う事が大切です。最初は育毛剤の効果を実感することが出来なくても、3ヶ月から半年は続けましょう。

続ける事で必ず効果を実感出来る事でしょう。

未成年者におすすめの育毛剤とは

育毛剤は成人以降利用する印象がありますが、何歳位から使用するのが適しているかは気になる所です。

未成年でも薄毛や抜け毛が気になる方もいますし、成人以上の男性なら専門家の指導のもと使用するのは問題ないですし、思春期以降は誰にでも薄毛や抜け毛のリスクはありえます、早期に対策したい中高生も数多く居ますし、無理な染髪をしたり食生活の欧米化から若年層のハゲは男女問わず増えていくる傾向にあります。

未成年が使用出来ない商品もありますし、禁止注意書きのある商品は避けるようにしたいです、使用を避けたいタイプの商品としては、男性ホルモン抑制効果がある成分が配合されたものは、成人に満たない方が利用するのは避けた方が良いでしょう。

成長過程の体ですし、ホルモンバランスを崩してしまえば成長の阻害になりえます、そういった商品は成人以上から利用しましょう、そこで若年層におすすめの商品と言えば、成分が強くない無添加天然成分の商品で、あくまで頭皮環境をキレイにしたり、頭皮結構を促し栄養を与えるタイプのものです。

若年層は育毛剤活用よりも、最初は食生活、シャンプー使用の方法から改善を行う事が望ましいです。
乱れた食生活や、昨今のように長時間ネット等の利用で体を動かす機会が少なすぎるのも薄毛や抜け毛に影響があります。

生活を整えたり、頭皮環境改善のアプローチでも抜け毛が止まらない場合は、保護者と一緒に医師の指示の元で育毛剤使用する流れを取るのが望ましいです。

生え際におすすめの育毛剤をチェック

薄毛は老若男女、性別や年代に関係なく、悩んでいる方がいらっしゃいます。そして、どの部分が薄毛になっても気になるものですが、特に気になり易い部分と言えばやはり生え際です。

何かと目にする事が多い部分ですし、人と向かい合った時にも見られ易い部分となっています。

その為、薄くなってきた時にはしっかりと対策して回復させたいものですが、その為にもまずは育毛剤による対策を行ってみると良いでしょう。

手軽に活用する事ができるアイテムですので、すぐにでも使い始める事ができます。

ただ、育毛剤には沢山の種類がありますのでどれが良いのか迷ってしまうものですが、そういった時にはおすすめされている育毛剤を活用してみるという手があります。

口コミなどで人気の高い物なら安心感がありますし、肝心の効果にも期待する事ができます。

因みに生え際に効果のある育毛剤にはどういった物があるのかと言いますと、特に人気が高いのが医学的にも効果があると認められている血管拡張作用のある物です。

血管拡張作用によって毛根の働き及び発毛させる為に重要な成長因子の活動も活性化させる事ができますので、非常に効果的な育毛対策を行えるようになります。

ただ、使ったからといってすぐに効果が出る訳でもありません。

髪の毛が成長する為には長い時間が必要ですし、効果の出方にも人それぞれ違いがあります。

その為、まずは継続して活用してみる事が大切です。

もちろん発毛させる為には他にも栄養バランスの取れた食事や十分な睡眠、運動なども重要ですので複合的に対策する必要があります。

ブログを情報源とする!

日本では薄毛に対してかなりのコンプレックスを持っている方が多いですが、その反面クリニックや育毛専用サロンといった専門的なところへ積極的に通院して治療していこうとする方はあまりいないように思います。

もちろん、恥ずかしいという気持ちがあって行きたくてもなかなか行けないということもありますが、薄毛や脱毛の症状が出たら、なるべくはやく治療をはじめることで、それに比例して治療効果もでることから早めの対策が有効なのは間違いありません。

しかし、なかなか一歩が踏み出せないというのでしたら、育毛剤による対策が必要になってきます。

育毛剤は買いづらい商品ですが、継続的な育毛ケアによって症状が改善してくるため、おすすめの育毛ケアといえます。

そこでポイントになってくるのがどの育毛剤を使用していけばいいのかということです。一番気になるポイントは効果が期待できるかということに尽きますが、そう簡単に自分にあった商品を見つけることは至難の業です。

そんなときに役に立つのが、ブログを参考に育毛剤を探していく方法です。日記のようなもので、毎日の出来事などを気軽に書くことができます。

こうしたブログには、実体験を記録しているものや、実体験を元にどんな育毛ケアが有効だったかといった参考になる記事がたくさんあります。検索することで簡単に探すことができますので、薄毛に悩んでいる方にとっては非常にためになる情報ばかりではないでしょうか。

タイプ別に見るおすすめの育毛剤は

一口に育毛剤といっても、その種類は様々です。

薄毛の症状に合わせて選ぶことでその効果を最大限に引き出すことができますので、まずは自分の状態をチェックすることから始めなければなりません。

男性ホルモンの働きが原因で薄毛の症状が表れている場合は、男性ホルモン抑制剤を使用します。

このタイプは、新しい髪の毛を作り出す毛母細胞の働きを阻害する男性ホルモンを抑制することで、脱毛を防ぎ育毛を促進します。

頭皮の血行不良が原因の場合は、抹消血管を拡張する育毛剤を使用します。

現在市販されている育毛剤の多くがこのタイプであり、毛細血管を拡張することで毛乳頭に栄養が補給されやすくなります。

血行不良は頭皮マッサージを行うことでも解消できます。

一番のおすすめは、塗布する前後にマッサージをして有効成分が浸透しやすい状態を作りながら、揉み解すことで血行改善を促すという方法です。

他には、過剰な皮脂分泌を抑制する育毛剤もあります。

皮脂はシャンプーで頭皮までしっかりと洗い流すことが重要ですが、シャンプーをしてもすぐに分泌されてしまうケースもあります。

そのような場合は有効成分の働きで分泌を抑制する必要があります。

皮脂量が多すぎると毛穴が詰まり、毛母細胞の働きも鈍ります。

その結果、抜け毛が増えてしまうことがありますので注意しなければなりません。

また、毛母細胞の活性化を促すには、栄養補給を行うものが適しています。毛母細胞に直接働きかけることで細胞が元気になります。

錠剤と頭皮へ付ける商品を併用する

抜け毛を減らす事と新毛を生やす事が育毛剤の第一目的です。

育毛に特に効果のある成分はプロペシアが主成分のフィナステリド(プロペシア)と、ミノキシジル成分が入ったつけ薬です。フィナステリド(プロペシア)は錠剤で服用し、ミノキシジル成分が入ったつけ薬である育毛剤は、直接肌に付けて使用します。

フィナステリドと違い医師の指導が不必要です。自分で市販品を購入できるため、手軽でおすすめです。

育毛剤はただ皮膚に塗りこむだけではなく、しっかりとマッサージも行います。

間違った方法だと、頭皮に負担をかけ過ぎたり髪にダメージを与えて抜け毛に繋がります。

頭皮マッサージは洗髪中、または洗髪後に行います。

そして両手の親指から薬指の計8本を使い、すべて指の腹で頭皮を掴むようにマッサージします。押すことと揉む事に意識を集中させます。

まずは額の生え際辺りを前後左右にゆっくりと30秒間ほどかけて揉みほぐしていきます。それから両サイドの耳の上を両手の計8本で側頭部から頭頂部へ押し上げるように1分ほど揉みほぐします。この動作を3セットずつ繰り返します。

より効果的にマッサージを行うために、施術の際はリラックスをして、血行が良くなることを意識します。

力任せに行ったり、爪を立て皮膚を傷めてしまわないように注意します。

より効果を上げる為に、頭皮マッサージを習慣化させ、日常的に行います。

なにより育毛に一番大切なのは、皮膚の健康です。髪は食生活、運動、睡眠、ストレスからの影響を受けやすいので、まずは生活習慣全般をきちんと見直します。

その上で、育毛剤で栄養を与え、マッサージで血行を促進し、皮膚を活性化させて行く事が育毛を効果的に行う一番の方法です。

そして、錠剤のような飲む育毛剤と直接頭皮に塗る育毛剤を併用すると効果がアップしますので、おすすめです。

M字型におすすめのタイプ

薄毛や抜け毛が起こってしまい、育毛剤を振りかけてすぐに髪が生えてくるわけではないです。

育毛剤は結果が出るまでに長期目線で使用する必要があって、数日や数週の間だけ試して合わないと判断し、辞めてしまうのは避けましょう。

髪には生えてくる育毛周期がありますから、半年から1年程使用する事で効果が解ってくるという特徴があります。

育毛商品の効果を引き出して髪を伸ばす可能性を高めるには、肌にあうかどうかの確認を行う事が大切です。

肌につけてみて異常反応が起きた場合は使用を避けた方がよいですし、肌との相性が合わない商品は、症状を悪化させてしまう可能性があります。

そして薄毛や抜け毛の原因を突き止める事は重要で、どういった原因によって薄毛やハゲ症状が進んでいるのかを知った上で商品を選ぶのが望ましいです。

特に男性ホルモンが原因の脱毛等は、髪の成長を邪魔しているホルモンの働きを抑える事が必要になります。

頭皮環境をキレイにして改善するタイプのものではないですし、男性ホルモンが原因の抜け毛の特徴は、髪の生え際がM字ハゲと言われるM字型に抜けおちていく特徴を見せます。

他にも頭のてっぺんが河童のお皿のようにハゲていくタイプが、男性ホルモンが原因のものですから、こういった時は内服型の育毛剤を、医師に処方してもらうのがおすすめです。

そうする事で髪の成長を阻害するホルモンを止めて、育毛成分が体の中から浸透して髪を育てる可能性が高まります。

 

安くても長く使用できるもの!

育毛剤の中でも、安い商品はおすすめになります。

まず、育毛剤を使用したとしても、すぐにその効果を感じることはできません。

薄毛は、その方の体質によっても起こってくるのですが、それに加えて食事や運動などの生活バランスの崩れによっても起こりやすくなっているのです。

このように、長年にかけて蓄積された習慣によって頭皮の状態が悪化していますので、その分長い目で見てケアを行っていかなければならないのです。

育毛に効果的な商品の中には、値段が高価なものも多くなっているのですが、その場合長く使用することは難しくなってしまいます。

最初のうちは、多少値段が高くても生活にかかるお金を抑えることで使用することはできるのですが、生活していくうちに、お給料なども変わってきますので、購入したくてもできない状態に陥ってしまいます。

安い育毛剤であれば、生活環境が変わったとしても、金銭的に無理のない範囲で使用することができるため、育毛効果を得られやすくなってくるのです。

また、安価な育毛剤の場合、使用している原料も食品や植物から抽出されたものが多くなっています。

最新技術を使ったものの場合、その分抽出や加工に手間がかかってくるため値段も高くなりがちです。

ただ、広く利用されている原料を使用したものであれば、原料の生産から加工までそれほど手間がかからないため、安価で手に入れることができます。

育毛に対しての効果を得たいときには、長く使用できるかで選ぶようにしましょう。

2chでおすすめの育毛剤について聞いてみる

おすすめな育毛剤として、評判になっているものを購入したものの、効果が実感できないという方もいます。

本当に効果のある育毛剤を購入したいときには、2chをチェックしてみると良いでしょう。

2chには、さまざまなスレッドがたてられているのですが、その中には育毛剤に関するものも存在しているのです。

スレッドでは、有名な商品からマイナーな商品まで様々な商品が評価の対象になっていますので、今まで知らなかった育毛剤を見つけたいという方も参考にすることができます。

また、薄毛に悩んでいる方が、実際に使用した結果についての詳細な報告も行っていますので、使用していく過程も知ることができます。

通常の口コミでは、その効果ばかりが記載されていますので、本当に使用された方の口コミであるのか、サクラの口コミであるのか判断することができません。

その点、スレッドではリアルタイムで使用されている方の声を聞くことができますし、効果があった方だけではなく、いまいち効果を感じられなかった方の声まで記載されていますので、トータルで判断していくことができるのです。

さらに、興味が高じた時には、実際にスレッドに書き込みを行い質問することもできます。

商品を使用したときの香りや頭皮への刺激、さらにその方の肌質まで聞くことができますので、その情報から肌質にあったものを選べるのです。

商品について、より有効な情報を知りたいという方や、肌質にあったものを失敗なく選びたいときには利用してみるとよいでしょう。

女性のおすすめの育毛剤

薄毛や抜け毛に悩むのは、男性だけではありません。

薄毛や抜け毛に悩む女性は、更年期に差し掛かった年代が多かったですが、無理なダイエットやストレス、ホルモンバランスの乱れ、カラーリングなどによる過度なダメージ、間違ったヘアケアによる頭皮の悪化により、現在は、20代や30代の若い年代でも悩んでいる人が増えています。

毛母細胞が分裂活動を行うことにより髪の毛は生まれるため、毛母細胞と毛乳頭に栄養分をしっかり届ける必要があります。

頭皮の血流を改善することで、栄養が届きやすくするために育毛剤を使用することをおすすめします。

血行促進以外にも、水分や油分が減少すると頭皮が乾燥することで毛穴が詰まりやすくなり、新陳代謝が悪くなったことで髪の毛の成長する力が落ちます。

また、地肌の炎症も抜け毛の原因になるため、抗炎症や保湿成分が含まれている育毛剤を使用し頭皮環境を改善することで抜け毛の抑制につながります。

20代の場合は、過度なダイエットなどが原因で髪の毛に必要な栄養が不足することから抜け毛が増えていることやストレスが多いことで血行が悪くなっている可能性があります。

そのため、血行促進成分が入った育毛剤を使用することで毛母細胞に栄養が行き届き、髪の毛が成長するようになります。

反対に、50代の場合は、更年期によるホルモンバランスの乱れが原因のことが多いため、ホルモンバランスを整えつつ、育毛剤で血流を改善することがより効果的です。